ダイエット中に腹筋するのは逆効果で太るのか?

ダイエット中、ウエスト周りを何とかしたくて腹筋をしている人は多いと思います。

そんな腹筋ですが、ダイエット中にする事で逆に太るという事はあるのでしょうか?

 

今回は腹筋の効果を改めて確認しつつ、書いていきますね。

ダイエット中に腹筋をするのは逆効果なのか?

ダイエット 腹筋 逆効果

http://itmama.jp/2013/12/05/53060/

ダイエット中に腹筋をするのは逆効果になるのでしょうか?

『ダイエット中に腹筋をしたからといって太る』という直接的な原因はありません。

 

ですが、劇的に痩せるという事もありません。
そして間接的な原因で太ってしまう可能性はあります。

 

「なら腹筋する意味ってないんじゃないの?」って思うかもしれません。
しかしまったくの無意味ってわけじゃありません。

腹筋の効果とは?

ぽっこりお腹 内臓

https://welq.jp/5844

腹筋で消費するカロリーは微々たるものです。

なのでダイエット効果は目立って見えません

 

しかし、目立って効果が見えるケースが一つあります。

お腹が出て見える原因の一つに内臓が下がってしまっている事もあります。
腹筋がゆるんでしまうと内蔵が支えられなくなり、下に下がってしまいます。

 

下腹が出て見えるのはそれが原因の可能性があるのです。

腹筋を鍛えれば下がってしまっていた内臓は元の位置に戻ります。
なので、腹筋がゆるんでお腹が出て見えるのであれば見た目にすぐ表れます

 

内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させるには有酸素運動が有効です。
腹筋を鍛える事で、ダイエットに繋がるプラス効果はたくさんあります。

その逆も言える事なんです。

 

腹筋をする時は他の有酸素運動も一緒にするようにしましょう。

間接的な理由とは?

食べすぎ

http://matome.naver.jp/odai/2145472137330713501

間接的な原因で太ると言ったのにはわけがあります。

「腹筋をした=運動をした」という油断から食べ過ぎてしまうおそれがあるという事です。

 

先ほども書きましたが、腹筋による消費カロリーは微々たるものです。

運動をしたという充実感で食べ過ぎないように注意してくださいね。

yaserunhead

サブコンテンツ

このページの先頭へ