ダイエットヘッダー

ダイエット中は3時より10時におやつを食べるのが効果的か?

ダイエット中であってもおやつは食べたくなるものです。

そんな時、おやつを食べる時間は3時と10時どっちがいいのでしょうか?

 

今回はおやつを食べるのに適した時間とその理由、逆に太る時間について書いていきますね。

おやつを食べるならどっち?

おやつ 時間

https://welq.jp/19275

1日の中で『おやつを食べても太らない時間』というものが存在します。

つまりその時間におやつを食べれば太りにくいという事です。

 

その時間は午前中~午後3時辺りです。
そしてこの時間帯の中で最も太りにくいといわれているのは午後3時です。

なのでダイエット中におやつを食べるなら3時の方が効果的なのです。

 

では何故その時間がいいのでしょう?

 

人間の体には『BMAL1』という体内時計を調整する役目を持ったタンパク質があります。

脂肪を蓄積させる働きがあって時間帯によってその量が変動するのです。

 

つまりBMAL1が少ない時間に食べれば太りにくいという事ですね。

そして1日のうちで最も少ない時間が午後3時なのです。

太りやすい時間は?

就寝 時間

https://pon9.xyz/2016/04/30/post-2036/

BMAL1が少ない時間が最も太りにくい時間であるなら、逆にBMAL1が多い時間は太りやすいという事になります。

 

その時間は午後10時~深夜2時頃といわれています。

 

その時間帯は眠っている人が多いと思います。

人は眠っている間は副交感神経が優位で、目覚めると交感神経に切り替わります。

 

交感神経には脂肪を燃焼させる働きがあり、副交感神経は逆に脂肪を溜め込む働きがあります。

したがって、副交感神経が活発であるその時間帯に食べれば脂肪になりやすいので避けるようにしましょう。


おすすめダイエット紹介中

ダイエットヘッダー2

サブコンテンツ

このページの先頭へ