ダイエットヘッダー

お腹周りのダイエットしたいなら腹筋して筋肉をつけるべき?

気になるお腹周り、何とかしたいですよね。

そんなお腹周りのダイエットをしたい時、腹筋して筋肉をつけるべきなのでしょうか?

 

今回は上記の疑問に加えて、腹筋運動の種類について書いていきますね。

ダイエットしたいのなら腹筋して筋肉をつけるべき?

お腹周り ダイエット

https://welq.jp/19731

ダイエットしてもお腹周りだけなかなか落ちてくれない・・・こんな経験ありませんか?

実はお腹って最初に脂肪がつく部分であり、ダイエットする場合は逆に最後に落ちていく厄介な部分なんです。

 

お腹の脂肪を落とすための定番は腹筋運動です。
しかしほとんどの人は結果を出せていません。

腹筋をして筋肉をつけるのはダイエット効果が期待できますが、ただ腹筋を鍛えるだけでは思うように結果を得る事はできないんです。

 

また、腹筋運動だけではお腹の脂肪は落ちません。
食事の方法の見直しと有酸素運動を取り入れて体脂肪を落とす必要があります。

 

お腹周りを細くするには腹筋の構造を知り、適した腹筋運動をする必要があります。

腹筋運動の種類

腹筋運動 種類

http://www.skincare-univ.com/article/010415/

複数のお腹の筋肉を鍛える事によって、腹筋全体の代謝が高くなります。
その結果お腹周りの脂肪が燃焼しやすくなります。

 

ではここで正しい腹筋運動の方法を紹介します。

 

《腹直筋・上部 クランチ》

クランチは腹直筋全体を鍛える事ができるエクササイズです。
特に腹直筋の上部を重点的に鍛えられます。

 

《腹直筋・下部 レッグレイズ》

腹直筋の下部を重点的に鍛える事ができるエクササイズです。
大腰筋は腰椎から大体骨にまたがるインナーマッスルも鍛える事ができるので、特にぽっこりお腹に効果の高いエクササイズです。

 

《腹斜筋 オブリーク・クランチ》

重点的に外・内腹斜筋を鍛える事ができるエクササイズです。
また、インナーマッスルである腹横筋も鍛える事ができるエクササイズです。

眠っている筋肉を鍛える効果がとても高いのでしっかりと行うといいでしょう。


おすすめダイエット紹介中

ダイエットヘッダー2

サブコンテンツ

このページの先頭へ