ダイエットヘッダー

ダイエットで食事制限した時に起こる悪い症状は?

ダイエットには食事制限がつきものですが
食事制限をした時に起こる悪い症状というものがあります。
それは度を越した食事制限の時に起こるものです。

一体どんな症状があるのでしょうか?

食事制限してしまうと起こる症状とは?

ダイエット 食事制限

ダイエットの為の食事制限は主に摂取カロリーを減らすことが
目的でしょう。

人間はただ息をしているだけでもカロリーを消費します。
もちろん、寝ているだけでもカロリーを消費します。

摂取カロリーを少なくすれば痩せるのでダイエットの時は
なるべく食べないようにしようとします。

飲み物だけで日々過ごしてみたり
低カロリー食品だけで過ごしてみたり痩せるためには
人間はとてつもないことをするものです。

ところが、摂取カロリーが減ってくることで起こってくるのは
基礎代謝の低下です。
基礎代謝が高いと少々高カロリーなものを食べても
太りにくいのですが、基礎代謝が低いと少し食べただけで太りやすくなってしまいます。

そして身体はカロリーが低いと熱を作ることができないので
低体温になったり肌がカサカサになったり髪が抜けたり
骨が折れやすくなったりと様々な症状が出てきます。

食事制限のやりすぎは、精神面もボロボロにしてしまう可能性も大きく
拒食症や過食症の危険性があります。

女性だったら生理が止まったりしますし、あまりにも拒食症が進むと
命の危険性もあります。
ダイエットの為の食事制限は少しは必要ですが
消費カロリーを増やすことで、摂取カロリーをそれほど減らさなくても
痩せることもできるのです。


おすすめダイエット紹介中

ダイエットヘッダー2

サブコンテンツ

このページの先頭へ