ダイエットヘッダー

健康的にダイエットしたいなら間食はどうするべき?

健康的にダイエットする場合に必要なのは運動と食事制限を
上手に組み合わせることだと思うのですが
その場合の間食はどうすればいいのでしょうか?

間食は食べないほうがいいのですが我慢すると
ストレスが溜まってしまいますから上手に間食を摂りたいですね。

間食って上手に食べれば大丈夫?

 

間食 ダイエット

健康的なダイエットの基本は運動と食事のバランスです。

摂取カロリーと消費カロリーがちょうどいい具合になっていれば
ストレスなくリバウンドの恐怖におびえることなくダイエットできます。

しかし、摂取カロリーを抑えようとするとストレスが溜まります。
間食も本当は食べたいのにカロリーを気にして食べないと
食べたい食べたいが溜まってしまいます。

そこで、上手な間食の摂りかたをお教えしましょう。

3時のおやつということばがあるように
この時間帯に間食をすると太りにくいのをご存知でしょうか?

人間の身体には時間によってBML1というタンパク質の量が違います。
このBML1は脂肪細胞を取り込む働きがあります。

なのでBML1がたくさん出ている時間帯に食事をすると
たくさん脂肪が取り込まれます。

ちなみにこのBML1の量が少ないのがおやつの時間
つまり15時なんです。

反対に夜にかけてどんどんBML1の量は増えていき
22時はかなり量が増えるから夜に間食するのはやめましょう。

そして15時に間食すれば、夕食の量を減らすことが出来るかもしれません。
我慢しすぎるとストレスが溜まってしまうので
時間帯を考えて食べてみてはいかがでしょうか?

ちなみに食べすぎは意味がありません。

 


おすすめダイエット紹介中

ダイエットヘッダー2

サブコンテンツ

このページの先頭へ