食後や食前のお茶のダイエット効果は?痩せる?太る?

お茶って体に良いイメージがありますよね。

そんなお茶ですが、食後や食前に飲むことでダイエット効果はあるのでしょうか?

今回は日本人が飲むことの多い緑茶に絞って書いていきますね。

お茶を食前や食後に飲むとダイエット効果はある?

緑茶 食前 食後 ダイエット効果 カテキン カフェイン ビタミンC

http://dietcamp.me/green-tea/

結論からいうと、実は食前も食後どちらも緑茶を飲むとそれぞれ違ったダイエット効果があるんです。

ただし温かいお茶を飲むようにしてください。

 

ではそれぞれの効果について見ていきましょう。

《食前の緑茶:空腹を和らげる》

食事の前に温かい緑茶を1杯飲むと、脳が満腹だと勘違いしてくれるそうです。

食欲が抑制されるので食べ過ぎずに済みます。

緑茶は一気に飲まないでゆっくりと味わいながら飲むと、より満腹中枢が刺激されますよ。

 

また緑茶がオススメな理由はビタミンCがたくさん含まれているからです。

ビタミンCにはストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を抑制する働きがあります。

ダイエットにおいてストレスは大敵なのでこれは嬉しい効果といえるでしょう。

 

《食後の緑茶:太りにくくなる》

緑茶には『カテキン』という成分が含まれています。

カテキンには、

肝臓や筋肉での脂質代謝を促進する作用

コレステロールが体内に吸収されるのを抑制する作用

があります。

 

またカフェインも脂肪の分解を活発化させます。

更に血糖値を緩やかに上昇させて、ブドウ糖が脂肪として蓄えられるのを防いでくれます。

 

急須でいれた緑茶とペットボトルの緑茶、どっちがいい?

緑茶 急須 ペットボトル 比較 成分 含有量

http://www.isecha.net/teapot/index.html

急須でいれたお茶はペットボトルのものと比べてカテキンやタンニンが圧倒的に多いです。

タンニンも脂肪の吸収を抑制する作用があるので、ダイエットにおいて嬉しい成分です。

 

またペットボトルのお茶は使っている茶葉がかなり少なく、お茶の風味を出すために色々な添加物も入っていたりします。

なのでペットボトルのお茶よりも、たっぷりの茶葉を使ってその都度飲む分だけ急須で緑茶をいれた方がいいでしょう。

 

急須でいれたお茶はペットボトルのものとは味が格別です。

ちょっとひと手間かけて、急須でお茶をいれて飲んでみてはいかがでしょうか。

 

yaserunhead

サブコンテンツ

このページの先頭へ