ダイエットヘッダー

チョコレート好きがダイエットするにはどうしたらできる?

チョコレートって美味しいし、好きという人は多いですよね。

でもチョコレート=太るというイメージがあります。

 

ではチョコレートが好きな人がダイエットするにはどうすればいいのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

チョコレート=太る?

チョコレート ダイエット中 食べられる カカオ ポリフェノール 食物繊維 ミネラル リラックス効果 便秘解消

https://lulu-beauty.com/article/3618

結論からいうと、チョコレート自体は太らない食べ物です。

 

よく耳にする『チョコレート=太る』といわれる原因ですが、実は使われている砂糖なんです。

ミルクチョコレートのような、甘みを砂糖で出しているようなチョコレートは高カロリーです。

 

ならビターチョコレートなら大丈夫と思うかもしれません。

でも意外なことに、ビターチョコレートの方がカロリーが高いんです。

糖質はミルクもビターもほぼ差がありません。

 

何が違うのかというとココアバターなどの脂質です。

ビターチョコレートには脂質が含まれる分、カロリーが高くなってしまいます。

 

ですが、チョコレートにはダイエットに嬉しい効果もたくさんあるんです。

その一部を紹介しますね。

 

《ポリフェノール効果》

ポリフェノールには血流を改善する効果が期待できます。
血流を改善することで冷え性を予防できるのです。

 

《ストレス解消》

チョコレートのあの甘い香りには集中力や記憶力を高めるだけでなく、リラックス効果もあります。
リラックス効果によってストレス解消が期待できます。

 

《便秘改善》

チョコレートの原料であるカカオにはミネラルがバランス良く豊富に含まれています。
更に食物繊維も豊富に含まれているため、便秘を解消する効果が期待できます。

 

《食欲を抑える》

食物繊維のおかげでお腹にも溜まりやすく、腹持ちが良いです。
食べ過ぎや食欲を抑える効果があります。

 

太らないチョコレートの食べ方はある?

チョコレート 太らない食べ方 カカオ70%以上 食べる時間帯 食前 日中まで

http://mognavi.jp/food/1442235

チョコレートの種類や食べ方さえ間違えなければダイエット中でもチョコレートを食べられます。

 

まず、チョコレートなら何でも良いというわけではありません。
差はあるものの、どちらもそれなりにカロリーがあるということには変わりありません。

それならカカオの効果をより多く得るためにも、カカオ70%以上のものを選びましょう。

 

次に太らない食べ方です。

《1日に食べる量を決める》

高カロリーなので、食べ過ぎれば当然太ってしまいます。
でも量さえ守れば太ることなくダイエットに嬉しい効果や美容効果を得られます。

板チョコの場合は半分程度まで、1袋単位で入っている場合は2~3個までにしてください。

チョコレートのみでダイエットするわけではないので、この量は守るようにしてましょう。

 

《食べる時間を決める》

チョコレートの効果を最大限に発揮させるためには、食べる時間を考える必要があります。

チョコレートには食欲を抑える効果があるので、食前に食べるようにしましょう。
そうすることで食事の量を減らせます。

理想は食事の20分前です。

食事が終わってから満足感が足りないと感じる場合は食後もオススメです。

 

ただ、カロリーを消費しやすい時間帯に食べるようにしてください。

特に夜に食べてしまうと、カロリーの消費が難しくなって太りやすくなるおそれがあります。

できれば日中の時間帯までに食べるようにしましょう。

食べる量さえ守れば毎日食べても問題ありません。

 

1日30~90gが目安

カカオ70%以上のビターチョコレートを食べる

 

以上を心がけて食べてくださいね。

 


おすすめダイエット紹介中

ダイエットヘッダー2

サブコンテンツ

このページの先頭へ