ハイヒールを履くだけでふくらはぎダイエットする事ができるのか?

ハイヒールって足を美しく見せてくれますよね。

でもその一方、ヒールのない靴よりも足が疲れやすかったりします。

 

ハイヒールを履くだけでふくらはぎダイエットはできるのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

ハイヒールを履くとふくらはぎダイエットになる?

ハイヒール ふくらはぎダイエット 効果あり ヒラメ筋 鍛えられる

http://dual-lab.com/

ハイヒールは美脚づくりに良いといわれています。

なのでハイヒールを履くとふくらはぎダイエットになります。

では何故ふくらはぎダイエットになるのか、その理由を見ていきましょう。

 

《骨盤を中心とした良い姿勢を自然と保てる》

ハイヒールのような高い靴を履くと、まず広背筋などの背中の筋肉や、歩く時にももを引き上げる筋肉である腸腰筋が刺激されます。
すると背筋を上に伸ばしたまっすぐ綺麗な姿勢を保てるようになります。

運動をしなくても背中や足腰周りの筋肉が刺激されるというわけなんですね。

 

《ヒラメ筋を刺激》

ふくらはぎの後ろ側に力を入れるとぽっこりと出てくる筋肉があります。
これはヒラメ筋と呼ばれ、立っている際に全体重を支えてくれる重要な筋肉です。

ハイヒールを履くとかかとが上がって足首からふくらはぎの間にあるヒラメ筋が緊張するので、足でしっかりと体重を支えながら歩けるようになります。

ふくらはぎを細くするエクササイズにも、かかとの上げ下げをするものがありますよね。

ハイヒールを履いて歩くことで、これと同じ状態を続けていることになるのです。

 

このように、ハイヒールを履いて歩くだけでも嬉しい効果があるのです。

 

正しいハイヒールでの歩き方

ふくらはぎダイエット ハイヒール 正しい歩き方 クロスさせる 目線 まっすぐ

https://ameblo.jp/forme-ikebukuro/entry-11772132151.html

綺麗な足を手に入れるには、ただ歩くだけでは意味がありません。

美脚になるための正しい歩き方を紹介しますね。

 

つま先は外側に向けて内側のくるぶしは前から見えるくらいの角度に

つま先を外側、内くるぶしが前に出るような感覚で歩くようにすることで、太ももの内側の筋肉やお知りの筋肉が鍛えられます。
すると自然と綺麗なラインが作られていきます。

つま先を外向きにするのは内股を防ぐためです。
内股になると骨盤が歪み、腰も曲がって足の外側の筋肉や足腰全体に負担がかかるおそれがあるためです。

 

前へ一歩踏み出す足は内側へ着地、足をクロスさせるように

着地する足はしっかりと内側へと持って行きましょう。
足の付け根からクロスさせると不自然なので、腰の上やわき腹から足が生えているようなイメージでクロスさせましょう。

重心を安定させるために胴体のインナーマッスルも自然と鍛えられていくので意識して歩くようにしましょう。

 

かかととつま先を同時に着地させる

特にかかとが小さいハイヒールの場合は、かかとだけが着地する時には安定感が悪いのでバランスを崩しやすくなります。

また、着地する部分に意外と大きい衝撃を受けているのですが、接地面が小さいので集中してしまいます。
体への衝撃によるダメージや負担を軽減するためにも同時に着地させるようにしましょう。

 

目線はまっすぐ前を見る

足元に目線が行きがちですが、猫背になりやすいので目線をまっすぐ前にもっていくようにしてください。

また、正しくハイヒールで歩く時に必要な筋肉が使われにくくなって、足に負担をかける歩き方になってしまうおそれがあります。

 

これらを意識しつつ歩くと、綺麗に見せつつふくらはぎダイエットができますよ。

 

yaserunhead

サブコンテンツ

このページの先頭へ