お腹にカイロを貼る(温める)とダイエット効果がある?痩せる?

冬になると使う機会が多いのがカイロです。

普段何気なく使っていることの多いのではないでしょうか。

 

そんなカイロですが、お腹に貼ることでダイエット効果は期待できないのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

体温が低いとどんな影響がある?

体温低い 代謝の低下 血流の悪化

http://health-and-beauty-site.com/disposable-heating-pad-diet/

健康な人の体温は約36.5℃です。

この体温なら細胞は活発に新陳代謝を行うので免疫力も高く、病気にもかかりにくいといわれています。

しかしこれよりも低くなってしまうと、様々な悪影響があるかもしれないのです。

 

体温が低いと、それだけで消費カロリーが下がってしまいます。

体温が1℃下がるだけで、エネルギー代謝は12%ダウンするとされています。

12%がどのくらいかというと、成人女性の平均基礎代謝が1200kcalくらいなので、144kcal分の代謝が落ちているということです。

体温が1℃低いだけで、健康体の人よりも144kcal消費されないなんて悲しいですよね。

 

またエネルギー代謝が低下すると、老廃物の排出も上手くいかなくなります。

 

体温が低く代謝が悪いと血流も悪くなってしまうので、酸素が全身に行き渡りません。

脂肪の燃焼には酸素が必要なのでなかなか脂肪が燃えないという事態になり兼ねないのです。

 

カイロで痩せやすい体に!

カイロ 血流促進 代謝アップ 継続する

https://matome.naver.jp/odai/2142426364445598201/2142429086064786603

カイロを貼ることで体温を上げて血流を促せます。

それによって代謝が良くなるのでデトックス効果が期待できるのです。

 

溜め込まない体になるには、

体温が高く、代謝エネルギーが高いこと

内臓機能が高く、取り込んだ栄養素をしっかり消化吸収できること

血流が良く、酸素を全身に運んで脂肪燃焼できること

が重要です。

 

ただし一時的に温まってもすぐに冷えてしまっては意味がありません。

高い温度をキープすることで痩せやすい体に代わっていくので、単発的に貼るのではなく、毎日続けるようにしてくださいね。

 

yaserunhead

サブコンテンツ

このページの先頭へ