ダイエットヘッダー

断食ダイエットの安全性と危険性について!

断食ダイエットは効果がすぐに現れるので人気のダイエットです。

そんな断食ダイエットですが、危険ではないのでしょうか?

 

今回は断食ダイエットの安全性と危険性について書いていきますね。

断食ダイエットの危険性について

断食ダイエット 危険性 リバウンド 拒食症 過食症 ホルモンバランスの乱れ 生理不順

http://dietsoul.jp/

先にこちらから書いていきますね。

実は断食ダイエットは素人が適当にすると危険なんです。

以下でどのように危険なのかを見ていきましょう。

 

リバウンドだけでは済まない可能性

すぐに効果が現れる反面、間違った方法で行うとリバウンドする可能性も高いのが断食ダイエットです。

断食中と断食を終えた後の食生活を上手にコントロールできなかった場合、体に様々な悪影響を及ぼします。
その結果、リバウンドしてしまいます。

そして最悪の場合、太るだけでは済みません。

体の調子が悪くなり、肌荒れなども起きやすくなるかもしれないのです。

 

過食症や拒食症のリスク

ただ体重を減らしたい一心で断食ダイエットを行うと、過食症や拒食症などに陥るおそれがあります。

無理な断食によって食欲のコントロールができなくなることがあります。
その反動から異常に食べ過ぎたり、後悔から食べることができなくなる場合があるんです。

 

月経の乱れ

間違った断食ダイエットはホルモンバランスの乱れを引き起こすおそれがあります。
ホルモンバランスが乱れると肌荒れや生理不順、生理痛の悪化、不妊などになることもあるんです。

ホルモンバランスの乱れは女性にとって大変なことなのです。

 

このように、間違った断食ダイエットはとても危険です。

特に長期の断食ダイエットを行う際には、専門の施設などを利用してください。

 

安全に断食ダイエットをするには?

断食ダイエット 安全な方法 準備期 グリーンスムージー

http://scienceoxfordnetworks.com/smootie_diet_koukateki/

断食ダイエットを安全に行うには、先ほども書いたように専門の施設を利用するのが一番です。

 

自宅で安全に断食ダイエットを行う方法はないのでしょうか?

断食ダイエットをする場合は3日間を基準にしてください。

 

断食の難易度の目安は、

1~3日間;易しい

4~5日間:やや難しい

6~7日間:慣れが必要

です。

 

3日間というのは健康の回復にも役立ち、短すぎず長すぎずでちょうどいい期間なのです。

ダイエット効果は3kgくらいなのでちょうどいい感じです。

 

断食を3日する前に準備期を設けましょう。

準備期では酵素ドリンクやスムージー、コンブチャといったものだけを飲んで過ごします。

 

準備期が終わったらいよいよ断食の開始です。

断食中といっても何も口にしないというわけではなく、酵素ドリンクを食事の代わりに飲みます。

 

そして小まめに水分補給をしましょう。
水分補給は水や麦茶、緑茶、烏龍茶などがオススメです。

1時間ごとにコップ1杯を目安に飲んでください。

 

3日間の断食が終わったら、回復期間を1日設けます。

断食終了の翌日は朝と夕の食事をおかゆにします。
おかずはなしで、お新香と具のない味噌汁くらいにしてください。

この時に断食前の食事をすると体が対応できなくて体調を崩してしまうおそれがあります。

 

比較的軽めの断食ダイエットの方法を紹介しましたが、断食にはリスクがあるというのを頭に入れておいてくださいね。

 


おすすめダイエット紹介中

ダイエットヘッダー2

サブコンテンツ

このページの先頭へ