ダイエットヘッダー

ダイエット中の間食にプリンは効果的?太る?太らない?

ダイエット中に間食はなるべくしたくないものですが、どうしても食べたくなる時がありますよね。

食べるにしてもできるだけ太るものは避けたいですよね。

 

例えばプリンは太るのでしょうか?

それとも太らないのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

間食にプリンは太る?太らない?

プリン ダイエット中 間食 腹持ちが良い

http://www.cuoca.com/item/011318.html

プリンは100gで126kcalと高カロリーです。

しかしプリンは腹持ちが良く満足度が長続きします。

 

腹持ちが良いものを食べると他の食事や間食が減ります。

その結果、全体的に見ると摂取カロリーのカットに繋がるんです。

 

またプリンは洋菓子でありながら、卵や牛乳といったタンパク質がベースになっています。

同じ洋菓子でも生クリームやバターを使っているものよりもカロリーが控えめです。

 

そしてプリンといっても、サツマイモやかぼちゃなどを使ったものもあります。

これらの食材は食物繊維を多く含むだけでなく、体を温める効果もあるといわれています。

 

どちらもダイエットには大事な要素なのでこれらを使ったプリンもオススメです。

 

太らない間食の摂り方は?

ダイエット中 間食 とり方 時間帯

ダイエット中 間食 とり方 時間帯

よく『おやつは3時』といわれますが、間食もこの時間がオススメです。

 

一般的に1日の中で一番体温が高くなるのは午後2時~5時くらいまでの間といわれています。

体温が高いと効率よくエネルギーを代謝できます。
このため、甘いものはこの時間帯に食べると一番太りにくいのです。

 

逆に午後10時~深夜2時くらいまでは食べないようにしましょう。

この時間帯は脂肪を蓄積させる働きをするタンパク質が増えるので、体が普段よりも多く脂肪分を吸収してしまうんです。

 

そして間食として甘いものを適量食べることで、次の食事量を抑えられます。

なので間食は『食後のデザート』ではなく、3時のおやつとして食べるようにしてくださいね。

 


おすすめダイエット紹介中

ダイエットヘッダー2

サブコンテンツ

このページの先頭へ