ダイエットヘッダー

食事制限ダイエットは便秘や病気になりやすい?

ダイエットとして食事制限を行っている人は多いでしょう。

食事制限をしていて便秘になったという経験はありませんか?

 

食事制限ダイエットをしていると便秘や病気になりやすいのでしょうか?

今回は上記の内容について書いていきますね。

食事制限ダイエットは便秘になりやすい?

食事制限 便秘になりやすい 水分不足 腸閉塞

https://lady-2.jp/konjac-constipation

食事制限中は何であっても摂取するのをためらうものです。

そのせいで必要以上に水分や食事を制限してしまう人がいます。

結果、水分を栄養も足りなくなって便が硬くなったり、便自体の量が減ってしまったりします。

 

特に水分が不足するとカチカチの便になります。

すると排出しにくくなり、腸内に溜まってしまうので便秘になってしまうのです。

 

そして腸内に便が溜まったまま放置していると、そこから有毒なガスが蔓延します。

それだけでなく腐敗した便が原因となって発ガン性物質が発生したりして、腸内環境は劣悪なものになります。

つまり身体にとって非常に良くない状態となってしまうのです。

 

また、便が硬くなると腸閉塞のリスクも高まってしまいます。

 

食事制限ダイエットは病気になりやすい?

食事制限ダイエット 病気 頭痛 吐き気 めまい 動悸

http://生活ライフ.com/tell-611

食事制限のやり方を間違えると、体調を崩したり病気になったりするおそれがあります。

 

多いのが頭痛です。

これは過剰な食事制限によって、身体が生命維持のために必要となるカロリーが不足しているサインなのです。

特にお米といった炭水化物を制限することで低血糖の状態になってしまうのですが、これが頭痛の原因になるといわれています。

 

頭痛だけでなく、

吐き気

光や音で気分が悪くなる

身体を動かすと痛みが増す

といった症状があるのなら、それは低血糖による頭痛の可能性が高いです。

 

このまま放置するとダイエットできる状態ではなくなり、病気になってしまうおそれがあります。

過剰に制限された食生活を続けることにより、身体は栄養が足りない状態で過ごすことになります。

 

特に女性の場合は鉄分が不足しがちです。

貧血やめまい、何もしていないのに疲れるといった症状が現れます。

 

血液中の鉄分が少なくなると全身に酸素を運ぶ力が落ちてしまいます。

するとカロリーを消費するために重要な基礎代謝が鈍くなってしまいます。

 

また栄養バランスが崩れた状態なので自律神経が乱れやすくなり、多くの症状が出やすくなります。

 

頭痛はもちろん、先ほども書いた吐き気めまい

肩こり

手足のしびれ

少し動いただけで動悸がする

汗が止まらなくなる

といった症状が現れます。

 

これらの症状が続くようなら、一旦食事制限を中断してしっかりと栄養を摂るようにしてくださいね。

 


おすすめダイエット紹介中

ダイエットヘッダー2

サブコンテンツ

このページの先頭へ