ダイエットヘッダー

ダイエット中に昼ご飯をがっつり食べるのはアリ?ナシ?

ダイエット中は食事を減らしている人が多いでしょう。

でも可能ならがっつり食べたい・・・と思いますよね。

 

活動している昼にがっつり食べるのはアリなのでしょうか?

それともナシなのでしょうか?

 

今回は上記の内容について書いていきますね。

ダイエット中の昼ご飯をがっつり食べるのはアリ?ナシ?

ダイエット中 昼ご飯 がっつり 糖質オーバー

https://dietplus.jp/public/article/news/20160105-150009

よく『夜は食べ過ぎない方が良い』という話は聞きますよね。

では昼ご飯ならがっつり食べてもいいのでしょうか?

 

確かに昼は体を動かして活動しているので、夜よりエネルギー消費する機会があります。

なので多少多めに食べるくらいなら大丈夫です。

 

しかし『がっつり』レベルまで食べてしまうと、食事によっては糖質オーバーしてしまいます。

糖質オーバーすると血糖値が上昇し、体がそれを下げようとしてインスリンというホルモンを分泌します。

インスリンは優秀なのですが、がっつり食べてしまうと処理が追いつかなくなってしまいます。

 

処理が追いつかなくなると余分な糖が残ってしまい、最終的には『脂肪』に変換されて蓄積されていきます。

実はこれが太る仕組みです。

 

夜を抜けば昼にがっつり食べてもいい?

夜 ご飯 抜く 糖質を減らす タンパク質摂取

https://yaserepo.jp/8983

では夜を少なめにしたり食べなければ、昼ごはんをがっつり食べてもいいのでしょうか?

 

夜は糖質を少なめにしたり食べなくても大丈夫です。
ただし、特に体を人一倍動かすような人は糖質を完全には抜かないようにしましょう。

集中力がなくなったり、疲れやすくなったり、体に力が入らなくなったりするからです。

 

なお、ダイエットのためといって全体的に食べる量を極端に減らしてしまうと栄養が不足します。

すると逆に代謝が悪くなって痩せにくくなります。

 

一時的に痩せたとしてもリバウンドしたり、ホルモンバランスが乱れたりします。

さらに便秘や体の冷え、肌荒れを起こしやすくなったり、免疫力も低下してしまいます。

 

リスクも大きすぎるので、量やカロリーだけでなく、全体の栄養バランスと糖質の摂取量にも気をつけましょう。

 

痩せるためにも栄養とある程度のエネルギーが必要です。

タンパク質などはしっかりと補給し、健康的に痩せるようにしてくださいね。

 


おすすめダイエット紹介中

ダイエットヘッダー2

サブコンテンツ

このページの先頭へ